ブログ(行政書士のつぶやき)

  • 2015年6月11日
  • 2018年10月12日

営業所改装等の場合の変更承認申請と変更届について(2)

前回、営業所改装等の場合の変更手続きについて書きましたが、実務においては、変更承認申請をするべきか、それとも変更届で足りるのか判断に迷うケースが結構あります。 神奈川では、7-8年前までは大規模な変更や客室床面積に増減が生じる場合以外はほとんど変更届で済んでいたのですが、現在は「壁、襖その他営業所の […]

  • 2015年6月11日
  • 2018年10月12日

営業所改装等の場合の変更承認申請と変更届について(1)

    風俗営業許可の取得後、変更を生じた場合には、それぞれの内容に応じて一定の手続きをすることが求められます。 その手続きの主要なものとして変更承認申請と変更届がありますが、それぞれ怠った場合には次のとおり厳しい罰則が科せられます。 ・承認を受けないで営業所の構造又は設備の変更をした場合 ↓  1 […]

  • 2015年6月9日
  • 2018年10月12日

待機児童対策と認可保育所

    待機児童対策とかで、ここ数年各地で認可保育所が凄まじい勢いで開設されています。認可保育所となるには、以前は一定規模の園舎や園庭、その他厳しい基準を満たす必要があり、ビル内にある保育所等は、まず認可をとることは出来ませんでした。  ところが、厚生労働省の認可基準緩和により、園庭がなくても近所に […]

  • 2015年6月8日
  • 2018年10月12日

認定こども園について

平成27年4月から「幼保連携型認定こども園」を保護対象施設として条例に加える自治体が増えて来ています。 東京都や神奈川県では現時点(H27.6.8)での条例改正は確認出来ていませんが、いずれにしろ児童福祉法第7条に「幼保連携型認定こども園」が児童福祉施設と規定されている以上、風営地域規制における保護 […]

  • 2015年6月8日
  • 2018年10月12日

営業譲渡について

    風俗営業をされている方から「別の人に名義を変えたいのだが、どうしたらよいか?」という質問を時々受けることがあります。 しかし、風営許可は「人に対する許可」と「営業所に対する許可」の両方の性質を併せ持つため、そのどちらかが変わる場合には改めて新規で許可を取り直すしかありません。 つまり、「人」 […]

  • 2015年6月5日
  • 2018年10月12日

申請書の提出代理について

 平成13年の行政書士法改正により、申請書や届出書の行政書士による提出代理が認められることになりました。 それまでの「提出代行」とは異なり、行政書士が職印を押し、申請者からの委任状を添付して行政書士単独で申請書等の提出が出来るようになっています。 現在は書類の訂正も行政書士の職印だけで出来、許可証も […]

  • 2015年6月3日
  • 2018年10月12日

通信制高校

 現在、風営の新規申請で一番神経を使うのが、制限距離内の認可保育所と通信制高校の有無の確認です。5-6年前までは、せいぜい診療所が有床か無床かを確認する程度で済んだのですが、今は全く状況が変わってしまいました。 猛烈な勢いで増えている認可保育所の確認はもちろん最重要事項ですが、特に厄介なのが最近増え […]